生産体制

生産体制

次世代を創造するモリトラ
 
鋼製品は、船舶や重工業製品など、さまざまなフィールドを支える力になっています。
しかし、生半可な鋼製品では、これら重大な機器を支えることは出来ません。
森寅鋼業は、その高い技術によって信頼できる製品を生み出し、多くのお客様から高い評価をいただいています。
これからも森寅鋼業は、鋼加工と真摯に向かうあうことで、確かな未来を築いてゆきます。

生産体制

素材から安定した高品質の製品を提供し続けるモリトラ
 
工業製品を作る上で、何よりも大切にすべきこと。 
それは、「長年安心して使用してもらえる高品質の製品を納めること」に他なりません。
不安定な機器の稼動は、最悪の場合、大事故を引き起こす危険性があります。
例えば、船舶の航行中、突然エンジン部の部品が損壊したら、どのような惨事を引き起こすでしょうか。
たとえ一部分・一部品であっても、品質の安易な低下を招くことは許されません。
 
森寅鋼業では、徹底した品質管理を行い、また今までの技術を活用して、安定した製品供給を行っています。
加工品のみならず、鋼材の段階から加工機に至るまで、生産に関する全てのものが対象になります。
鍛造・鋳造を行う上で、たとえ些細であっても不安があればそれを排除し、常にベストな状態で生産を行うこと。
森寅鋼業では、安定した製品をお届けするため、品質の向上に重点をおいて取り組んでいます。
 
また、優れた加工技術者を育成し、次代に技術を継承していくことも、モリトラの仕事です。
鍛造・鋳造とは高温の鋼を扱う大変危険な作業であり、未熟な職人が作業を行うと、大事故を引き起こしかねません。
森寅鋼業では、ベテランスタッフが新人スタッフに技術を伝えるのに協力しております。
時に厳しく、時に優しく。
全ては、お客さまの要望にお応えするために。 
スタッフがお客さまの用途に合う仕様で、それぞれに最適な製品作りのため取り組んでいます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
森寅鋼業の製品は、各鍛造メーカー(日本海事協会認定)による厳しい検査にも合格しています。
硬度・強度や耐久性において、高品質の部品としての使用にも耐えうる製品だと、公的機関からも高い評価を得ております。 鋼製品のことでお困りごとがあれば、ぜひ森寅鋼業までお問い合わせください。

工場証明付き鍛造品の製造工程

①見積もり(仕様打ち合わせ)

②御発注

③鋼材

徹底した品質管理
高品質の製品を作るには、清浄度が高く、介在物の大きさが制御された鋼材が必要です。森寅鋼業では、品質を徹底管理し、厳しい検査に合格した鋼材だけを、鍛造母材として選びます。

④素材切断

鍛造する分量を切断
鋼材を鍛造投入重量に切断します。

⑤鍛造

職人・技術による加工
炉で高温に熱し、加熱した鋼をプレスやハンマーで、整形しながら鍛え上げて行く作業が鍛造です。鍛造には熟練した技と感覚が必要です。

⑥熱処理

鍛造品の熱処理(焼鈍・焼準)を行い、鋼・独自の特性を最大限に引き出します。
(鋼種により、後工程で加工しやすい状態にする為に、行う意味もあります。)

⑦ショットブラスト

(お客様の要望がある場合のみ)
製品に細かな鋼球をぶつけて、表面をきれいな状態にします。
(熱処理により発生するスケールを落します。)

⑧検査

鍛造品(製品)の寸法検査及びお客様の要望により超音波検査(UT)を行います。

⑨試験

鍛造品より採助したテストピース或いは、別途鍛造し作ったテストピースの引張試験や衝撃試験を行います。

⑩工場証明

⑧⑨の結果を元に証明書を作成します。

⑪納品

森寅鋼業株式会社
〒592-0001
大阪府高石市高砂3丁目54番地
TEL.072-268-0580
FAX.072-268-0810